Deep into the South

Blues, Jazz & Country

Eric Bibb & Jean-Jacques Milteau

 フランス人harpistのJean Jacques MilteauとContemporary BluesのEric Bibb―――
 2015年、すばらしく豪華な二人の競演が実現している。


Eric Bibb & Jean Jacques Milteau - Lead Belly's Gold EPK (French subtitles)


Eric Bibb & Jean-Jacques Milteau - Good Night Irene [Official Music Video]

広告
 

French Harpist - Jean-Jacques Milteau

 Jean-Jacques Milteau (born 17 April 1950, Paris) is a French blues harmonica player, singer, and songwriter.

Career
 Milteau became interested in the harmonica when he first heard folk and rock music (such as Bob Dylan and The Rolling Stones) in the 1960s. He played with French singers such as Yves Montand, Eddy Mitchell, Jean-Jacques Goldman, Maxime Le Forestier, Barbara, and Charles Aznavour in various styles, from blues to jazz. In 1989, he recorded his first solo album, Blues Harp, and toured the world with Manu Galvin at the guitar and with guest musicians including Mighty Mo Rodgers and Demi Evans. He has authored methods for learning the harmonica and, since 2001, is leading a radio show dedicated to blues on the French station TSF Jazz.

Jean-Jacques Milteau - Wikipedia

 Jean-Jacques Milteauは、フランスを代表するBlues Harpist。Delta系からCicago系まで、さまざまなBlues Musicianと共演している。
 Solo albumでは、ときどきFrench Waltzっぽい雰囲気の曲も演奏していて、非常に独特で、幅の広いBluesを聴くことができる。


"Jack The Man" by J.J. Milteau, Demi Evans & Manu Galvin


Jean-Jacques Milteau - Keep On Moving

広告
 

Samantha Fish - Wild Heart (2015)

 Samantha Fishのalbumからもう一枚。Wild Heartという2015年発表の作品。Bluesが基本なのは変わらないけど、全体として、かなりRock色を強くしている。

 前回のalbumでも、guitar、drums、baseの3 peaceだけで、低音を効かせたBlues rockを何曲か披露していたけど、このalbumではそれをさらに前面に押し出している印象。やっぱり、Samantha Fishは、Blues rockの方があっているなー。

 YouTubeの動画は、新作Wild Heartからの一曲。ほんと、3人だけの演奏だとは思えないぐらいの迫力。これぞBare Bonesって感じ。


"Bitch On The Run" SAMANTHA FISH BAND - May 30, 2015

広告
 

Samantha Fish - Runaway (2012)

 Samantha Fish grew up in Kansas City, Missouri. Fish started out playing drums, but when she was 15 she switched to the guitar. Fish frequently went to the Knuckleheads Saloon to hear touring Blues artists. After turning 18, she often joined in with the singers and bands who were performing at Knuckleheads.
 Early influences on Fish were Keith Urban and Sheryl Crow. Stevie Ray Vaughan was also a major influence on her.

Samantha Fish - Wikipedia

 2012年のBlues Music Awardで、Best New Artistを獲得したalbum。Samantha Fishの(実質的な)debut作で、アメリカで契約できるところが見つけられなかったのか、ドイツのlabelから出ている。

 Samantha Fishは、ミズーリ州カンザスシティの出身。このalbum発表時、23歳というとても若い女性blues singerだ♡
 若い女性singerといってもBluesの演奏はかなりな本格派。低音のguitar riff、smokyなvocalと、ちゃんとBlues fanのツボを押さえている。

 YouTubeでこの動画を偶然見つけて、CD即買いしてしまった。ともかく、見た目の若さからは想像できないくらい渋いBluesを演奏している。しっかし、ホント、アメリカのBlues singer層の厚さを感じさせる。

 演奏しているのは、albumのtitle曲、"Runaway"。かなりRock色を出した曲だが、Blues Rock fanなら、ホント必聴!


Samantha Fish - "Runaway" Live King Biscuit Blues Festival

広告
 

Kelly Joe Phelps - Slingshot Professionals (2003)

 SoloのBlues singerとして、弾き語りを中心に活動してきたKelly Joe Phelpsだが、前作のalbumからband編成になった。今作は、その2作目。
 
 前作はbandとして実験的な要素があったが、今回はbandとして非常にまとまりのある演奏になっている。
 Soloからbandへと移行して、BluesからよりCountryやPopsの要素が強くなっているが、全体としてbluzyなのは、全く変わらない。非常にslowでゆったりとした演奏を聞かせてくれる。
 特に後半、"Waiting For Marty"からのbandとしての演奏がすばらしい。一息ついてゆったりしたい時におススメ。


Kelly Joe Phelps Not so far to go

広告