読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep into the South

Blues, Jazz & Country

Samantha Fish - Wild Heart (2015)

Samantha Fishのalbumからもう一枚。Wild Heartという今年発表した最新作。Bluesが基本なのは変わらないけど、全体として、かなりRock色を強くしている。 前回のalbumでも、guitar、drums、baseの3 peaceだけで、低音を効かせたBlues rockを何曲か披露してい…

Samantha Fish - Runaway (2012)

2012年のBlues Music Awardで、Best New Artistを獲得したalbum。Samantha Fishの(実質的な)debut作で、アメリカで契約できるところが見つけられなかったのか、ドイツのlabelから出ている。 Samantha Fishは、ミズーリ州カンザスシティの出身。このalbum発…

Eric Bibb & Jean-Jacques Milteau - Good Night Irene

フランス人harpistのJean Jacques MilteauとContemporary BluesのEric Bibb――― 二人のすばらしく豪華な競演。 Eric Bibb & Jean-Jacques Milteau - Good Night Irene [Official Music Video]

Kelly Joe Phelps - Shine Eyed Mister Zen (1999)

Kelly Joe Phelpsの3rd album。 全曲、Kelly Joeによるguitarの演奏のみ。(Piece By Pieceにのみharmonicaが加わっている。) Kelly Joe Phelpsは、主にCountry Blues、Delta Bluesを中心に演奏しているblues singer。Lap slideのstyleを得意としている。(…

Sonny Landreth - Bound By The Blues (2015)

ここ数年Bluesから遠ざかっていたSonny Landrethだが、ようやく、というかつに、Blues albumを発表した。くぅぅ~どれだけ待ったことか。 Drum、base、guitarのsimpleな3 pieceの基本に戻っている。Gestもなし。今回はtraditional songのcoverもいくつか披露…

Tony Furtado - Live at Mississippi Studios (2012)

2012年に行われたTony FurtadoのLive at Mississippi Studiosの様子がYouTubeで公開されている。 Tony FurtadoのLiveは、公式に撮影されたものが少ないので、かなり貴重な映像だ。しかも、久々のband編成での演奏だ。 Bottle neckを使ったslide guitar play…

Tony Furtado - Live Gypsy (2003)

自分が持っているalbumの中で最も好きな作品の一つ。ほんと、何年も聞き続けているのに全く飽きない。すべての曲がすばらしい。自分がRoots Musicにはまったきっかけの一枚でもある。 Musicianについて少し説明しておくと、Tony Furtadoは、オークランド出身…

Sonny Landreth - From the Reach (2008)

2008年に発表した作品。 Sonny Landrethが自分自身のlabelを立ち上げて、最初のalbumになった。初の独自labelということで、Sonny Landrethに関わりの深い多くのmusicianが参加している。Jimmy Buffett, Eric Clapton, Robben Ford, Vince Gill, Eric Johnso…

Sonny Landreth - Levee Town (2000)

Levee Townとは、堤防のある町という意味。もちろんNew Orleansのことだ。 Sonny Landrethは今回の作品で、ニューオーリンズの音楽的要素を多く取り込んだRoots Rockを披露している。前作のSouth of 1-10は、彼のrootsであるルイジアナを主題にしたsouthern …

Sonny LandrethとClifton Chenier - Roots Rockの接点

Modern Zydecoと南部のDelta Bues、そして、Country調のCajun――― こうしたルイジアナの要素を色濃く反映したRoots Rockが、Sonny Landrethの特徴だ。彼の独特の音楽的世界観は、Clifton ChenierのModern Bluesの影響なしにはありえなかった。 Sonny Landreth…

Sonny Landreth - The Road We're On (2003)

いまだにこのalbumを超えるBlues Rockの作品に出会ったことがない。おそらく、現在におけるBlues Rockの最高峰ではないかと勝手に思っている。 演奏はほぼguitar、base、drumsだけという非常にsimpleな構成。だが、これがやたらと迫力のある重低音の響く演奏…

Clifton Chenier - Louisiana Blues and Zydeco (1965)

ルイジアナのThe King of ZydecoといわれたClifton Chenierの貴重な映像から。 Clifton Chenier - Bon Ton Roulet もともとフランスの植民地だったルイジアナ州は、今現在でもフランスの文化を色濃く残している。 このフランス文化の名残を今に伝えるものと…