Deep into the South

Blues, Jazz & Country

Zydeco - Roots Music of Louisiana

 Zydeco (pronounced /ˈzaɪdɪˌkoʊ/ ZY-dih-koh or /ˈzaɪdiˌkoʊ/ ZY-dee-koh) is a musical genre that evolved in southwest Louisiana by French Creole speakers which blends blues, rhythm and blues, and music indigenous to the Louisiana Creoles and the Native people of Louisiana.

Musical style

 Usually fast tempo and dominated by the button or piano accordion and a form of a washboard known as a "rub-board," "scrub-board," "wash-board," or frottoir, zydeco music was originally created at house dances, where families and friends gathered for socializing.

 As a result, the music integrated waltz, shuffles, two-steps, blues, rock and roll, and other dance music forms of the era. Today, zydeco integrates genres such as R&B, soul, brass band, reggae, hip hop, ska, rock, Afro-Caribbean and other styles, in addition to the traditional forms.

Zydeco - Wikipedia

 【抄訳】
 ザディコは、ルイジアナ州南西部のフランス系移民たちによって、発展させられてきた郷土音楽。ブルースやR&B、移民や土着の音楽的要素が合わさって生まれたものだ。
 もともとは地域や家庭の集まりで演奏されていたダンス音楽で、主にボタン式あるいは鍵盤式のアコーディオンとラブボードと呼ばれる洗濯板の形をした楽器を用いて演奏される。


 もともとフランスの植民地だったルイジアナ州は、今現在でもフランスの文化を色濃く残している。
 このフランス文化の名残を今に伝えるものとして、代表的なものがザディコ(Zydeco)という音楽だ。フランスのWaltzに由来するCountry MusicにBluesの要素が加わって出来たもので、一般的にはBluesの一種として捉えられているようだが、Bluesとはかなり趣の違う独特の音楽だ。

 動画は、ルイジアナのThe King of ZydecoといわれたClifton Chenierの貴重な映像から。


I'm Comin Home - Clifton Chenier (Live 1973)

広告