Deep into the South

Blues, Jazz & Country

The King of Zydeco - Clifton Chenier

 Clifton Chenier (June 25, 1925 – December 12, 1987), a Louisiana French-speaking native of Opelousas, Louisiana, was an eminent performer and recording artist of Zydeco, which arose from Cajun and Creole music, with R&B, jazz, and blues influences. He played the accordion and won a Grammy Award in 1983.

He was known as the 'King of Zydeco', and also billed as the 'King of the South'.

Clifton Chenier - Wikipedia


  Zydecoは、ルイジアナの郷土音楽として生まれたもので、もともとは地元のfestivalや集会などで演奏されているものに過ぎなかった。
 この一地域の郷土音楽でしかなかったZydecoをアメリカ全土へ、さらには海外へと広めるきっかけを作った人物が、今ではModern Zydecoの第一人者といわれているClifton Chenierだ。

 Chenierは、Zydecoにpianoやelectric guitar、base、drumsといった楽器を持ち込んで演奏した最初の一人といわれている。彼はZydecoにJazzやR&B、Bluesの要素を持ち込んでZydecoの様式styleを大きく変え、Modern Bluesとしてそれを演奏した。

 しかし、彼のalbumを聞いてみると、一般的なBluesの印象からはかなりかけ離れていることに驚かされる。一言でBluesといっても、ほんとに幅が広い。
 もともとZydeco自体がかなり独特な音楽なのだ。Waltzを基礎にしていて、地域のお祭りなどでdance musicとして演奏されていた。そして、黒人訛りのフランス語で歌い、accordionで演奏するというstyleだ。このaccordionがいかにもフランス的だ。
 今聞いてみると、Waltzの要素が強くてdance musicとしての名残りを多く留めているように思う。


Clifton Chenier - Bon Ton Roulet

広告