Deep into the South

Blues, Jazz & Country

Clifton Chenier - Louisiana Blues and Zydeco (1965)

 1965年に収録されたClifton Chenierのalbum『Louisiana Blues & Zydeco』は、Zydecoが広く知られる契機となった記念碑的作品。
 当初、プロデューサーは伝統的なstyleのZydecoを録音する予定だったらしいが、Modern Bluesとして演奏したいChenierと意見が対立し、結局、半分ずつ録音するという妥協案で収まったらしい。
 当時の民族音楽、地域音楽を伝える記録の方が、より貴重な今となっては、この妥協案は、結果的には非常に良いものとなった。そのおかげで今では貴重な伝統的なstyleでのZydecoをこのalbumで聞くことができる。Fanとしても両方聞き比べることが出来るのは非常にうれしい。

 "Hot Rod"、"Banana Man"、"It's Hard"、"Elmore's Blues"が個人的にはオススメ。英語ではなくフランス語、harmonicaではなくaccordionといったちょっと変わったBluesをたまには聞いてみるのも非常に面白いと思う。


Clifton Chenier

広告