Deep into the South

Blues, Jazz & Country

Sonny Landreth - Levee Town (2000)

 Levee Town expands on the themes and musical styles exhibited on Landreth’s first two major label releases Outward Bound (1992) and South of I-10 (1995). The record shows a maturity in writing and production as well as a continuing evolution in Landreth’s unique slide guitar playing.

 The production utilizes a mixture of arrangement styles that befits the range of musical material - introspective singer songwriter ("Love and Glory"); bare bones 3 piece instrumentals ("Z. Rider"); “double-clutch” Zydeco grooves ("The U.S.S. Zydecoldsmobile"); Memphis style horn arrangements ("Angeline"); swamp pop ("Soul Salvation"); a mash up of New Orleans musical textures ("Deep South"); and the exuberant bayou groove and guitar showcase of the title song ("Levee Town"). Front and center throughout is Landreth’s exceptional slide guitar.

Levee Town - Wikipedia

 Levee Townとは、堤防のある町という意味。もちろんNew Orleansのことだ。

 Sonny Landrethは今回の作品で、New Orleansの音楽的要素を多く取り込んだRoots Rockを披露している。前作のSouth of 1-10は、彼のrootsであるLouisianaを主題にしたsouthern tasteのRockといった感じで、あくまでRock色の強い作品だったが、今回はまさにRoots Musicと呼ぶにふさわしい作品になっている。

 New Orleansには、ZydecoやCajunと呼ばれるフランス音楽に由来したCountry Musicがある。Accordionを多用するところが非常に印象的な音楽なのだが、Sonny LandrethはそうしたFrench Louisianaの要素を曲の中に取り込んで、まったく自然な形でRockの中へと解消している。

 印象的な曲は、"The U.S.S. Zydecoldsmobile"。AccordionをmainにすえたRockで、まさにZydecoをRockにしたらこうなるだろうなと感じさせる曲。
     
 "Angeline"と"Deep South"は、Sonny Landrethには珍しくhorn arrangementsの曲。ルイジアナにもう一つ代表的な地域音楽として、brass band marchのSecond Lineと呼ばれる音楽があるが、これはその要素を反映した曲だろう。

 Country Balladの"Love and Glory"も個人的に非常に好きな曲。ちなみにこの歌詞は、Louisianaに伝わる古い伝承をモチーフにしている。 

 やっぱりRoots Musicは、多様な音楽的要素をmush upするところが面白いと思う。無理に組み合わせてかえって印象の悪くなる曲が多い中、Sonny LandrethのLevee Townは、間違いなくRoots Musicの傑作と呼べると思う。
 ちなみに、2000年発表の作品だが、2009年に未発表曲5曲を追加したExpanded Editionを発売している。


The U.S.S. Zydecoldsmobile

広告